会社概要

代表挨拶

病院で待っているだけでは届かない不安、孤立にリーチしたい、その想いからKids Publicは始まりました。

この国の成育過程にある人たちの身体的な健康は世界レベルで達成されています。一方で、精神的、社会的な健康はまだまだ改善の余地があります。身体的な健康においても医療をより身近にし、さらなる向上をもたらすことはできるはずです。

こうした包括的な健康の維持、向上にはICTの活用など、これまでの考え方に縛られないアプローチが必要です。先進国型の社会構造における健康課題にどう対応するか、その最適解を人類はまだ持ち合わせていません。

世界に誇る小児科、産婦人科医療を実現したこの国から、これからの時代の成育過程にある人たちの健康の維持向上に必要とされる施策を世界に発信し、その解に一歩でも近づくことができるよう、Kids Publicは全力を尽くします。

産婦人科オンライン代表挨拶

産婦人科オンラインは、「妊娠、出産、育児、そして女性自身の健康の不安や悩みに寄り添い、解決することで、女性の健康を包括的にサポートし、誰もが明るく前向きに送れる社会の実現を目指す」という理念を掲げています。

症状があるのに婦人科を受診できず、疾患がかなり悪化していた人。妊娠中に不安が絶えず、健診だけでは十分なケアができなかった人。無事に出産して笑顔で退院したのに産後うつ病となってしまった人。他にも、若いうちから適切な性と健康の知識・情報を得て、自分自身を大切に考える習慣が自然に身に付く社会にできたら、と思うことが臨床現場でたくさんありました。

女性の健康を、人生を通して切れ目なくサポートしたい。

私たちはテクノロジーを活用して、質の高い切れ目ないケアを全ての女性に届けたいと思っています。

会社概要

・会社名:株式会社Kids Public
・所在地:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-8-14 神田新宮嶋ビル4階(map
・電話番号:03-4405-9862
・設立:2015年12月
・代表者名:橋本 直也(小児科専門医, 公衆衛生修士, 成育医療等協議会委員, 健やか親子21推進協議会幹事)
・事業内容:インターネットを介した成育医療
・従業員数:18名(2021年4月時点)
・所属医療者数:171名(2021年6月時点)

沿革

・2015年12月 株式会社Kids Public設立
・2016年05月 遠隔健康医療相談サービス「小児科オンライン」開始
・2016年11月 小児医療メディア「小児科オンラインジャーナル」開始
・2018年07月 医療者向けメディア「Kids Public Journal」開始
・2018年11月 遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」開始
・2018年12月 産婦人科医療メディア「産婦人科オンラインジャーナル」開始
・2020年07月 「産婦人科オンラインLIVE配信」開始

アドバイザー

・国立成育医療研究センター理事長 五十嵐 隆
・横浜市立大学大学院医学研究科発生成育小児医療学(小児科学)主任教授 伊藤 秀一
・あきやま子どもクリニック院長 秋山 千枝子
・日本赤十字社医療センター第一産婦人科部長 木戸 道子
・東京かつしか赤十字母子医療センター院長 三石 知左子
・日本医科大学女性生殖発達病態学大学院教授 鈴木 俊治
・東京臨海病院産婦人科部長 河合 尚基
・産婦人科医・医学博士・公衆衛生学修士神奈川県立保健福祉大学 ヘルスイノベーション研究科 教授 吉田 穂波
・千葉大学大学院看護学研究科リプロダクティブヘルス看護学教授 森 恵美